中古住宅

ホームインスペクションで安心出来る暮らしをゲット

ホームインスペクションとは、日本語で、住宅診断のことを指します。その名の通り、住宅がどんな状態なのか、住宅を細かく調べ上げてチェックし、住宅に関する有りとあらゆる部分をさらけ出せるのが、こちらの診断です。
>>ホームインスペクション(住宅診断)とは – 日本ホームインスペクターズ協会

住宅は普段、目には見えないところでダメージを受けており、気がついたら住めるような状態では無くなっている事もほとんど。こうしたホームインスペクションを行わないと、大事故、大惨事に繋がる恐れが有るため、定期的にこうしたホームインスペクションを行って、家の安心を確かめることが重要です。

ホームインスペクションの具体的な内容は?

劣化調査ホームインスペクションでは、住宅の劣化状況を始め、住宅にどの様な欠陥があるのか、欠陥が将来的に表れそうな場所や、いつくらいに表れそうかなどの、住宅の診断を行う事が多いでしょう。例えば、家の屋根や外壁などの外側の部分を始め、室内や床下、屋根裏に至るまで、有りとあらゆる部分をチェックし、診断していきます。業者によっては、目視チェック、触診チェックの他にも、機材を使ってチェックをする方法まで、有りとあらゆる方法を利用して、診断をすることが多いでしょう。

また、劣化状況などの他にも、現在のその家のおおよその費用、今後どの様なケアをしていくべきかなどの、具体的アドバイスを行う事もあります。住宅の状態を細かく把握した上で売りに出すということも多く、専門家に診てもらった上でのお墨付ですので、非常に信用のおけるやり取りを出来るようになるでしょう。

住宅購入前に依頼をしましょう

住宅を販売する側のみならず、住宅を購入する前に、ホームインスペクションを依頼する方も少なくありません。ホームインスペクションを行った上で、その家が本当にその価格にふさわしいのかを診断してもらい、購入を検討するのです。不動産会社から物件を購入する際に、不動産会社の話だけでは信用が出来ないという場合などは、このホームインスペクションが役立つでしょう。

また消費者からの依頼だけでは無く、不動産会社からの依頼でホームインスペクションを行う場合もあります。専門家に診断をしてもらった上で値段をつけたと認定されれば、消費者も安心して家を購入できる為です。ホームインスペクションはこのように、不動産の売買をスムーズに、より信頼のおけるやり取りをするためにも、重要なポイントと言えるでしょう。