空き家

特定空き家って何?その条件は?

2015年に施行された、空家等対策特別措置法。この措置法によって、特定空き家の危険性が訴えられるように、特定空き家をそのまま放置している家主に対して、罰金が課せられるようになりました。

この特定空き家とは、そのまま放置していると非常に危険、また、衛生上非常に危険など、家として何らかの危険、景観を損なっていると判断された家になります。実際には空き家では無くとも、明らかに人が住んでいなさそうな家、明らかに廃屋となっているような家が指定対象となることが多く、実際に空き家かどうかは関係ありません。逆を言えば例え空き家でも、きちんと綺麗な状態を保っている家であれば、こうした特定空き家の対象とはなりにくいと言えるでしょう。

もちろん、基本的に特定空き家に指定される条件としては、まずは空き家であることがあげられます。空き家と指定されてた後、空き家の調査が行われ、特定空き家に指定された場合、その後、適切な指導が行われ、改善を求めるように伝えられます。勧告をしたにも関わらず適切な改善が求められないという場合は、命令が下され、命令以外の場合、罰金、更に、行政代執行が行われるという流れになるでしょう。

特定空き家の特徴

特定空き家の特徴として上げられるのはまず、家が明らかに傾いている、明らかにゆがんでいる等の、形状の不安定さがあげられます。今にも崩れてもおかしく無いほど、外観で分かるような危険性を帯びており、少しの地震で倒壊する危険性をはらんでいると言えるでしょう。また、特定空き家には衛生面があげられることもあります。明らかなゴミ屋敷、異臭がする等を始め、害虫やネズミが大量発生している等、そのまま放置していると生活環境に多大な影響を及ぼす危険性がある場所は、特定空き家に指定されることがほとんどです。

更に屋根が明らかにボロボロではがれ落ちている、ツタがつたっており繁殖しているなど、景観を著しく損なっている状態なども、特定空き家に指定されることが少なくありません。特定空き家をそのまま放置しておくことで、ホームレスや泥棒の不法侵入など、治安悪化に繋がるケースも多い為、特定空き家は治安維持の為にも、厳しい対処が施される傾向にあるでしょう。

特定空き家を手放すメリット多数

特定空き家に指定された物件の場合、リフォームなどを行うよりも、家を一度潰してしまった方が、明らかに特になります。土地を売却するも良し、新しく家を建てて販売したり住んでもよしと、様々な活用方法がありますので、そのまま放置して罰金を徴収されることに比べて、余程メリットが多いと言えるでしょう。特定空き家に指定された後は、出来るだけ早く対処をしないと、すぐに勧告、命令に繋がる恐れが有ります。忙しいからと放置することが無いように、特定空き家を保有している場合は、早めに対処することが大切です。