札束

住宅は高いからこそ利用者が多い、住宅ローン

家は一生に一度の買い物と言われるほど、非常に高級な買い物の1つです。賃貸タイプでは無く、一家の所有物として家を購入するとなると、当然ながらその分のお金が発生します。家によっても異なりますが、基本的には数千万円単位でお金が必要になることも多く、そんな大金を一度に支払えないという方も少なくありません。

住宅を欲しいけれど、そんな大金を一度に支払うことが出来ないと言う方への、救済措置として重宝されているのが、住宅ローンになります。簡単に言ってしまうと、家を分割価格で購入できる方法で、住宅は欲しいけれど現状一括で支払える程のお金が無いと言う方に、利用されているローンになります。

住宅ローンは銀行などで申し込み出来る事がほとんどで、定職に就いている方であれば、基本的にどなたでも利用出来るシステムです。もちろん、別に借金がある、その他何らかの事情で借り入れが出来ないと言う場合もありますが、特別な事情が無い限りは、住宅ローンを借り入れて、家を購入することができます。住宅ローンを利用することを踏まえた上で家の購入を行う方も多く、働きながら家のローンを返して、住んでいるという方も少なくありません。

住宅ローンの返し方も人によって異なりますが、日頃の生活に支障が表れないように、月々数万円でプランを組んでいる方が多いでしょう。また、ボーナスなどが入った際に、ボーナス払いという形で、まとめていくらか返済をしていく方も少なくありません。住宅ローンプランによって、利用する人によって、色々な部分を相談できる為、ライフスタイルに合わせて活用をしやすい点が特徴です。

自己資金を貯めることで結果として安上がりになる?

住宅ローンを利用せずに、自己資金を貯めて家を購入するという方ももちろんいます。自己資金とはその名の通り、自分で稼いだお金のことで、家を購入する分貯蓄をして、一括で購入をするという方もいるのです。

自己資金で購入する一番のメリットは、結果として安く家を購入できることにあります。住宅ローンは、当然お金を借りている分の利子や、ローンにしている分の利子が付きますので、結果として数百万円単位多く支払うというケースがほとんどです。自己資金であればそうした心配も無く、結果としてお得に家を購入できる点が、最大のメリットと言えるでしょう。

また自己資金で家を購入することで、万が一仕事が出来ない状態に追い込まれたとしても、家を手放す必要が無くなります。住宅ローンによっては、定職に就いている事が条件でローンを組めることが多い為、病気などで働けなくなってしまった場合、最悪家を手放さないといけない事もあるでしょう。自己資金で購入すればそうした心配も無く、資産の一部として、手元に残す事が可能です。

住宅ローンと自己資金は、どちらも無理なく計画的に

住宅ローンと自己資金はこのように、様々なメリットが有ると共に、反対にデメリットもあります。ライフスタイルに合わせて、万が一の時のことなどを考えて、保険に加入しておいたり、貯蓄方法を見直して見ることも、重要なポイントです。住宅ローンと自己資金での購入、どちらが優秀ということではありませんが、どちらを利用する際にも、無理の無い利用を行いましょう。