坪単価

坪単価って何?

家を購入する際などに情報の1つとして表示される、坪単価。中江だけは聞いたことがある物の、イマイチ意味がよく分かっていないという方も少なくありません。坪単価は、家選びの際に重要なポイントとなりますので、意味を把握した上で、正しく比較を行いましょう。

坪単価とは、一坪当たりの建築費のことを指します。床面積一坪(約3.3㎡)に対して、建築費用がいくらかかっているのかを表した数値で、この坪単価が高ければ高いほど、当然家の値段も高くなります。坪単価が安ければ反対に、家のお値段は安いと言えますので、住宅を選ぶ際に坪単価で話をされた場合は、1つの判断基準にすると良いでしょう。

坪単価の決め方は、業者によっても異なります。同じ土地に家を建てる場合でも、坪単価が高い業者もあれば、安い業者もありますので、坪単価は注意が必要です。ハウスメーカーによっては、坪単価に電気やガスなどの配管の費用を含めていることもあれば、照明器具やエアコンなどの設備を含めている所もあります。その為、坪単価に倍以上の差が出てくることもありますので、構造やサイズなどが全く同じ家でも、きちんと確認をする事が大切です。

坪単価の算出方法は?

坪単価の算出方法は、家の本体価格÷床面積の合計になります。坪単価を算出することで、坪単価で表示されている家を比較することが可能になりますので、算出方法を覚えておくことが大切です。

坪単価の算出方法を知ることで、その家が安いのか高いのか、判断をしやすくなります。本体価格のみでチェックをするよりも、坪単価で計算をした方が、よりお得に購入できる物件を探せますので、価格帯を見るのでは無く、坪単価で比較をする事が重要です。同じ1千万円の物件でも、坪単価によっては、高すぎる場合も有れば、とてもお得な場合もありますので、物件比較をする際にはきちんと計算をすると良いでしょう。

坪単価は家選びで重要なポイント

坪単価はその時によっても値段が上下する可能性がありますので、物件購入の際には注意が必要です。家の本体価格が購入タイミングによって全く異なる場合が多いことはもちろん、坪単価は床面積の合計、つまり、延床面積によって異なりますので、床の量によって金額が異なるでしょう。床の面積は構造や外観の違いによっても大きく異なるポイントですので、床面積の間違えないように、きちんと確認した上で計算することが重要です。
また、外観の形によっては、施行面積が拡がりますので、その分コストアップする可能性があります。家そのものの価格だけでは無く、全体的な構造をチェックした上で、物件比較をする事が大切です。