予算

必要最低限の抑えるべきポイントを明確にする

注文住宅を依頼する際には、ついつい色々とやってみたくなってしまい、余計なオプションなども付属してしまった結果、莫大な費用がかかることになってしまったというケースも少なくありません。
魅力的なプランやオプションが多いのが注文住宅の特徴ですので、ついつい惑わされないためにも、必要最低限、絶対に譲れないポイントはどこなのか、事前に明確にしておきましょう。

こだわりポイントは、各ご家庭によっても全く異なります。
キッチンにこだわりを持つのか、庭にこだわりを持つのかなど、具体的な部屋に関するポイントを始め、壁に利用する素材や遮音性などもこだわりポイントの1つです。
また、家の構造そのものへのこだわり、どうしてもこの部屋をこう作りたいというピンポイントでのこだわりなど、大きいところから小さい所まで、有りとあらゆる部分がありますので、どうしても譲れないポイントを明確にしておきましょう。

独りよがりな意見にならないように、家族全員で相談をして決める事も重要です。
1人1つ、譲れないポイントを出して、それぞれのポイントを抑えた住宅にするということも、1つの方法といえるでしょう。

妥協するべき所は妥協して

妥協ポイント予算内にどうしても抑えられないという場合、有る程度は妥協することも大切です。
例えば壁材の場合、よりコストを抑えられる、似たような素材を活用するなど、予算を考えて別の案を採用するということも、重要なポイントと言えるでしょう。

妥協するべき所をきちんと妥協しないと、どんどんコストが膨れあがり、気がついたらマイナスになっていたというケースが少なくありません。
予算の見積もりを出してもらった上で、どうしても予算内に収められない場合は、別案を採用して、妥協をすることも重要です。

業者そのものを比較することも重要です

同じような注文住宅の内容でも、施行業者によって、見積もり金額が大きく変わることも多いでしょう。
その為、別の業者で見積もりを出してもらったら、前の業者の見積もりと違って、予算内に収まったというケースも少なくありません。

どうしても譲れないポイントを妥協したくない、でも予算は変えたくないという場合は、一度業者そのものを見直して見ることが重要です。
業者の見直しを行う事で、どこも削らずに、予算内に収められることも少なく無いでしょう。

もちろん、依頼する施行業者の質は大切です。
コストが抑えられる理由は何なのか、他の業者と比べて何が違うのか、根本的な部分の比較も忘れないようにして下さい。