耐震住宅

住宅の品質確保をする、住宅性能表示制度

住宅は各業者で建築がなされていますが、一昔前までは、家の安全性の基準が明確になって居らず、その住宅がどの様な性能があるのかなどが、消費者からわかりにくい状態となっていました。悪質な業者の場合は、いわゆる手抜き工事が行われていることも多く、少しの地震で崩れ去ってしまうというような、恐ろしい事態に繋がることもあったのです。住民の安全を守るためにも、住宅の質向上、住宅の性能を保障する為に作られた制度が、住宅性能表示制度です。
>>住宅性能表示制度について | 一般社団法人 住宅性能評価・表示協会

その名の通り、住宅の基本構造部分を表示し、住宅の性能をわかりやすく表示したものを、表示する義務を負っているのが、こちらの住宅性能表示制度になります。構造耐力や遮音性など、様々な部分に関して表示を行う事で、住宅の品質を保護すると共に、住宅購入の際の参考に出来るようになり、スムーズなやり取りが出来るようになった点が特徴です。

安心して住める住宅がわかりやすくなった

安心して住める住宅住宅性能表示制度が設けられた事で、有る程度のラインを超えている住宅かどうかが一目瞭然となりましたので、より安心して住める住宅を、判断しやすくなったのが特徴です。また、各種住宅に関するトラブルが起きた際にも、元々の住宅が原因で起きたトラブルなのか、住人が原因で起きたトラブルなのかなどが把握しやすくなり、スムーズにやり取りが出来るようになったと言えるでしょう。契約の段階で表示をされ、写しが交付されることもほとんどですので、何かあったとき、消費者だけでは無く、建築者サイドを守ることにも繋がるようになったのが、こちらの住宅性能表示制度の最大のメリットです。

契約書面の内容をよくチェックする

基本的には、新築住宅などを建てる際に、住宅性能評価書に表示された性能を持っている住宅を建てることが決められています。契約の段階でこちらは暗黙の了解になっており、これを遵守しないと、法律違反になるためです。
ただし、住宅性能評価書の記載事項については、契約内容から排除するように記載された契約書面を明らかにした場合は、表示をする義務が無く、万が一性能が低下していた場合でも、文句を言うことが出来ません。こちらは決して法律違反では無く、消費者側からの意志として受け取られる為です。

悪質な業者の場合、この仕組みを理解しており、通常の契約書の他にも、こうした反対意志を表示する契約書面を書かせるような所もありますので、注意をしないといけません。有る程度住宅に関しての知識を持った上で契約書を記入し、契約書を記入する際には、契約書の内容をよく読んだ上で記入をする事が大切です。言われるがまま書くことが無いよう、一つ一つ丁寧に確認をしましょう。