モデルハウス

モデルハウス、オープンハウスって何?

住宅を作る際や選ぶ際、どんな家が良いのか悩んでしまう方は少なくありません。家を作るという経験は人生に一度と言う方がほとんどですので、どんな家にするべきなのか、そもそもアイデアが出てこないという方も多いでしょう。そんな時におすすめなのが、モデルハウスやオープンハウスを訪れることです。

モデルハウスやオープンハウスは、いわゆる展示住宅です。実際に中に入って見学が出来る住宅のことで、既に建て売りがされている住宅などを見学するために、使われている事も多いでしょう。モデルハウスやオープンハウスを集めた住宅展示場も多く、全国各地至る所で、様々な家をチェックすることが出来ます。

モデルハウスやオープンハウスは、ほとんどの場合見学無料。スタッフの案内がありますが、自由に出入り可能ですので、気軽に家を見て、どんな家にするべきか悩むことが出来るのです。実際に家を建てたいと悩んでいる方、建て売り住宅を探していると言う方にも人気もモデルハウスで、実際に住んだときのイメージが掴みやすいのが大きなメリットになります。

見学するときに見るべきポイントは?

ポイント見学するときには、ただ住宅を楽しむだけでは無く、きちんと見るべきポイントを抑えることが大切です。例えば、このようなポイントを抑えてチェックするようにしましょう。

まず、家の構造をチェックすることが重要です。窓はどこにあるのか、キッチンの作りや、寝室、リビング、ダイニングなど、それぞれの部屋の構造を確認することで、自身が家を建てるときの参考にしやすくなるでしょう。建て売り住宅タイプの場合は特に、そのままの状態の家を購入することになりますので、家の構造チェックは欠かせません。

次に、建て売り住宅タイプのモデルハウスなどを訪れる際には、部屋のサイズやコンセントのある場所など、実際に住むことを想定して、色々な部分を確認することが大切です。現状持っている家具のサイズを踏まえた上で、家具は収まるかどうか、動線が確保できるかどうかなど、不具合が無いかどうかを想像しましょう。メジャーなどを持参して部屋のサイズを測ることで、具体的に想像がしやすくなります。

そして、壁材や床材など、素材は何を使われているのかなど、きちんと確認をしておきましょう。建て売り住宅タイプの場合は特に、この部分をきちんと把握しておかないと、最悪激しいシックハウス症候群に見舞われる可能性もあります。また、耐久性にも関係がある部分ですので、案内スタッフなどに、細かく確認することが重要です。

見学するときの注意点

オープンハウスやモデルハウスを見学する際には、他の見学者の迷惑にならないように心がけましょう。土足厳禁な所も多いため、謝って土足で踏み入らないように、確認が必要です。
またオープンハウスやモデルハウスによっては、実際に一晩宿泊出来る場所もあります。実際に宿泊をしてみることでみえてくる部分もありますが、当然汚したりしたらその分修繕費用が発生しますので、取扱には気を付けましょう。

また、モデルハウスやオープンハウスの場合、イメージがしやすいように、家具家電が一式備え付けられていることも少なくありません。家具や家電を抜きにして考えないと、実際に家を建てたときにイメージと違ったということに繋がり兼ねませんので、注意が必要です。