一万円札

物件だけでは無い!家づくりの諸費用について知ろう

家づくりの際には、工事費用はもちろんの事、業者に依頼するお金等を始め、様々な費用がかかります。その中でも以外と忘れられがちなのが、諸費用についてです。家づくりをする際に発生する費用の1割を満たしている費用として、事前に確認をしておかないと、後から手痛い思いをするタイプの費用になります。

諸費用の概要は、家を登記する費用や、印紙代を始め、火災地震保険などの各種保険代金、更に、住宅ローンを利用する際には、手続き費用もこちらに含まれます。工事とは関係ない部分、更に、設備とは関係ない部分の、住むために必要な諸々の費用がこちらの諸費用で、積もると以外とありますので、事前に確認しておくことが重要です。

諸費用として含まれる物には他にも、引越し費用や式祭典費用などの、その他の費用が含まれることも多いでしょう。以外と細々とした所で費用が必要になる場合が多いですので、事前準備は欠かせません。

諸費用にはどれくらいかかるのか

諸費用の具体的な金額は、固定資産税がいくらかどうか、住宅によっても異なりますが、例えば登記の申請の場合は、2万円前後かかると考えておきましょう。計算方法としては、所有権保存登記の登録免許税の場合、建物の固定資産税×0.1%になりますので、計算してみることが大切です。また、住宅ローンを借りる際に発生する、抵当権設定登記の場合は、住宅ローンの借り入れ額×0.1%となります。こちらも計算することで金額を出せますので、自分の状況に合わせて、計算をしてみると良いでしょう。

印紙税も契約金額に合わせて異なり、最低価格で5千円~3万円前後の金額がかかります。通常の住宅の場合は、5千円~1万円前後で住むことが多いでしょう。また住宅ローンを借りる場合にも、別途1万円~6万円の印紙金額がかかりますので、事前に確認が大切です。

必ず現金で用意する必要があります

諸費用は残念ながら、住宅ローンでは賄えず、現金で支払う必要があります。諸費用の準備を忘れて大変な思いをしている方も少なくありませんので、忘れずに準備を行いましょう。諸費用は払い忘れると、家に住めなくなるようなタイプの費用もありますので、早めに支払いをする事が肝心です。