リノベーション

家を生まれ変わらせる、リフォーム

リフォームとは、現在有る古い家を建て替えること、立て替えて新しい状態に生まれ変わらせることを指します。いわゆる原状回復と呼ばれることも多く、古くなった家をリフォームすることで、新築に生まれ変わったかのように建築出来ると共に、そもそもの家の構造自体を、変更することも可能です。リフォームは二世帯住宅にする際や、家をバリアフリー化する際などを始め、家そのものを大幅に改築、改善する働きがあります。老朽化して古くなってしまい、そのままだと危険性がある家なども、綺麗に修復することで、安心して暮らせるように変えていく点が特徴です。

既存の家の隅心地を変える、リノベーション

リノベーションは反対に、既存の家をそのまま残した状態で、様々な工事を行うことを指します。老朽化した部分を壊して作り直すのでは無く、ベースは基本的にそのままに、プラスで何かを加えることで、まるで新築のような状態に生まれ変わらせることが出来るのです。リノベーションの場合は例えば、壁を無くして二部屋を一部屋にする、壁紙を変えて耐久性を高めるなど、主に内装工事が主流となるでしょう。大規模な工事を行う物の、基本的な家そのものは崩すこと無く、そのままの状態で一部のみを変えられますので、工事期間も短く済むことがほとんどです。

リフォームとリノベーションは何が違う?

リフォームとリノベーションはこのように、根本となる家を残すか残さないかという大きな違いがあります。リフォームは必要な場合、老朽化した部分を全て取り壊して、一から新しい素材を使って作り直しますが、リノベーションの場合は、ベースはそのままに、+αをして補修、修繕を行って行く点が特徴です。根本的な部分で全く異なる工事方法ですので、どんな工事をしたいのかに合わせて、使い分けると良いでしょう。

また基本的な部分が全くことなる工事ですので、内容によっても異なりますが、工事期間や費用が全く異なります。リフォームは一から作ることもあり、工事期間が長く費用も高い傾向が、反対にリノベーションの場合は、リフォームに比べると工事期間が短く費用も安く済ませられる場合が多いでしょう。リフォームとリノベーションは、どちらが優れているという事では無く、その時々に合わせて使い分けることが必要になります。
どの様な工事をしたいのか、家の状態によっても選ぶべき工事方法が異なりますので、その都度専門家に相談をしながら、適切な方法を選ぶ事が大切です。