地盤調査

住宅を建てる前には重要なポイント!地盤とは何か?

家を建てる際に切っても切れない言葉と言えるのが、地盤です。地盤は、家を建てる土地のことを指し、地面の状態、家を建てる前段階の、元々の地面のことを指します。この地盤がしっかりしていればしているほど、家を建てる際に安定した状態で建築が可能となるのです。

ですが、地盤という物は場所によって、安定性が大きく異なります。元々地面はその土地によって大きく変わって当然の物で、水を多く含んでいる地盤や、柔らかい土で作られている地盤など、様々なタイプの地盤があるでしょう。元々の地盤は場所によって全く異なりますので、家を建てる際には、地盤を何らかの形で補強して、安定させた上で、建築が進められていくのです。

地盤そのものをコンクリートで固める、地盤が緩くなっている土の部分を有る程度どけてしまってから、改めて地盤を作っていくなど、様々な方法があります。いずれの場合も、丈夫な家を建てるためには欠かせない物ですので、ないがしろには出来ない部分といえるでしょう。

地盤の安定性は細かいエリアごとに異なりますが、首都圏ですと東京の東北から、埼玉や千葉方面にかけて地盤が弱い傾向があります。逆に静岡や山梨方面だと山地が多いため、地盤が厚くしっかりしています。
神奈川県も箱根などの山地を有しているため、地盤が厚いと言えるでしょう。

先述の通り、地盤の厚さはエリアごとに細かく異なります。大事なのは、家を建てる前に地盤調査を行う事です。
ざっくりエリアで選ぶなら、山地の近くがおすすめです。
アクセスの便利さと地盤の安定感を取りたい場合は、東急東横線沿線がべんりでしょう。
参考:東急東横線沿線|マンション物件

耐震住宅の基本、地盤について

わからない地盤は家の基礎、家を建てる前の重要な部分ですので、耐震住宅を建てたい際には、特に重要なポイントと言えるでしょう。どんなに家そのものが丈夫でも、地盤がぶれるようでは意味がありません。耐震住宅の基本中の基本となるのが、この地盤になります。

耐震住宅を建築する際、業者によっても、プランによっても異なりますが、地盤の面には大きなこだわりを持って施行が行なわれることが多いでしょう。物件を建てる予定地の地盤チェックを行い、地盤が建築に適して居るかどうか、判断をした上で、耐震住宅を建てるような業者も少なくありません。地盤を固めたり補強をするよりも、元々の地盤が強い所を選んだ方が、確実性が高いためです。

もちろん補強をするタイプがダメということではありません。有る程度時間と手間をかければ、元々地盤が強い部分と同じくらい、またはそれ以上の効果を得られるのです。耐震住宅を建築する際にはこのように、地盤に関してこだわりを持つ業者を選ぶ事で、安心してお任せ出来るでしょう。

地盤を調査する方法は?

地盤を調査する方法は、業者によっても全く異なります。建築前に調べないような業者もありますので、そう言った場合は、地盤調査業者などにご自身で依頼をして、地盤チェックをする事が重要です。地盤がどの程度の丈夫さなのか、建築をするのにふさわしいのかどうか、きちんと細かくチェックをしてくれますので、確実性が高いでしょう。

地盤を調査する業者にも色々とありますので、業者比較も怠ってはいけません。お値段や調査方法、今までの経歴やクチコミなどもチェックをした上で依頼する事で、安心してお任せ出来るでしょう。