耐震住宅

耐震住宅・制震住宅・免震住宅は何が違うのか?

地震大国日本。だからこそ、日頃の拠点となる住居を守る事が重要で、住宅を守る為に、様々な工夫を施している方が少なくありません。その中でも代表例として上げられるのが、耐震住宅、制震住宅、免震住宅になります。全部同じような名前に感じる方もいるかもしれませんが、これらの住宅にはそれぞれ大きな違いがあり、それぞれ特徴が異なりますので、違いを理解した上で住宅選びをすることが大切です。

まず耐震住宅ですが、その名の通り、地震が来た際に堪え忍ぶだけの耐久力があり、倒壊しない程度に強い住宅のことを指します。台風などの強風でもほとんど揺れることが無い、非常に強いタイプの住宅として、重宝されているでしょう。現在に建築基準法ではこの耐震住宅を作ることが定められていますので、追加費用無く、デフォルトな状態で建築して貰える傾向にあります。

次に制震住宅ですが、こちらは地震が来たときに揺れを制限するタイプの住宅です。二階建てなどの住宅の場合、上の階になればなるほど揺れが大きくなりますが、精神タイプの場合は、制震装置が揺れを吸収するためほとんど揺れず、建物の損壊を防げる点が魅力になります。設置コストも30万~100万円程度と比較的お手頃で、経済的な点が特徴です。そして免震住宅ですが、こちらの場合は建物そのものに揺れを伝えない構造になっています。その為大地震が来た際に建物がほとんど揺れを感じず、建物の倒壊を防ぐ事が出来るでしょう。建物そのものもほとんど揺れませんので、家具の転倒がほとんどない点も大きな特徴です。

それぞれの住宅にもデメリットがある

このように、様々な地震、災害に強いこれらの住宅ですが、それぞれにメリットだけでは無く、デメリットもありますので、注意が必要です。具体的には、それぞれにこのようなデメリットがあるでしょう。まず耐震の場合ですが、耐震の場合、建物そのものは揺れますので、家具などが簡単に転倒します。また、地震の度に少しずつダメージが蓄積していきますので、定期的にメンテナンスを行わないと、建物が損傷してしまう点もデメリットです。

次に免震の場合ですが、こちらは地震の揺れを建物内部で吸収するものの、地震の揺れそのものは発生しますので、地震が起きた際には大きな揺れを感じることも多いでしょう。建物は無事ですが、人への影響はそこまで防げませんので、その点は注意が必要です。そして免震の場合は、高い免震性があるものの、その分設置コストは非常に高い点が特徴です。350万~550万円前後の設置コストが掛りますので、有る程度お金に余裕が無いと設置が難しいでしょう。また、強風や台風などの際には2階から上の階は揺れますので、災害全てに万能という訳ではありません。