木造

木造住宅は耐震性能が低い?

住宅には、鉄骨やコンクリートなど、様々なタイプの住宅があります。その中でも、古き良き日本の住宅タイプとして愛されているのが、木造住宅です。その名の通り、木で作られている住宅で、古くから建築の際に活用されてきていますが、この木造住宅は、他の住宅タイプと比べると、どうしても耐震性のが低い傾向にあります。

コンクリートや鉄に比べると、木はどうしても密度が低く、ダメージを受けやすいのがその理由です。また時間と共に湿気などによってダメージを受けやすく、ダメージが蓄積した状態で地震が来た際に、倒壊してしまう危険性があるでしょう。木造住宅には利点が数多くありますが、耐震性能に関しては、他住宅に比べると劣りやすいという点が、大きなデメリットです。

木造住宅の耐震性能を向上させるポイント

とはいえ、木造住宅でも、構法や構造の違いによって、耐震性能を大幅にアップさせることが可能です。例えば、伝統工法を用いた技術を利用する場合。耐力そのものは小さい物の、変形能力に優れていますので、大きな地震が来たときにも、堪え忍ぶことが出来る場合が多いでしょう。また、釘などを活用しない、組木で作るタイプの住宅の場合は、釘などの鉄部分から家が劣化することを防ぎますので、木へのダメージを防げる点もポイントと言えます。

更に、補強工事を別途行う事で、木造住宅でも耐震性能をアップさせることが可能です。例えば、周囲の壁を地震のエネルギーを吸収するこうかのある、格子壁や荒壁パネルを活用したり、耐震リングを床下に設置するなどの方法もあります。後から出来る耐震補強工事も多くありますので、一から家を建て直すのでは無く、リフォーム、リノベーションをするだけで、耐震性能をアップすることが出来るのです。

このように、木造住宅でも周囲を固めることで、通常の鉄骨やコンクリートと変わらない程の耐震性能を得られるでしょう。木造住宅そのものは、古き良き日本の良さを残す非常に重要な住宅タイプですので、その良さを大切に、現代の状況に合わせて、住宅を変えていく事も出来ます。何も耐震を行っていないと、他タイプの住宅に比べて圧倒的に弱いですので、木造住宅の場合は、出来るだけお早めに補修や補強をすることが大切です。