梁

耐久性が高い住宅の特徴は?

地震等の災害に強い家づくりをする為には、耐久性が高い家を作ることを心がけることが大切です。耐久性が高い家にはいくつかの特徴がありますので、それぞれの特徴を抑えましょう。

まず重要なのは、家の構造です。耐久性が高い住宅は、地盤に土台を突き刺して作る構造をしていたり、地震等の災害が来た際に、振動を分散できるように、計算されて建築されています。そもそもの構造が非常に強いため、多少の地震や台風などに見舞われても、びくともする事が無いように作られている点が、大きな特徴と言えるでしょう。

次に、住宅に利用する素材です。住宅には、木造住宅や鉄骨住宅など、様々な素材が利用されていますが、いずれも耐久性が少なく、一生住めるかと言われると、決してそんな事はありません。より丈夫に、より耐久性の高い家に住むためには、コンクリート住宅のように、より丈夫な素材で作られた家に住むことがポイントになります。

そして、湿気をしにくいような環境に作られている点も、大きなポイントです。湿気をしにくい壁材などの素材で作られていたり、換気がスムーズに行なえるような構造になっていたりと、耐久性の天敵、湿気を自然と防げる構造をしている点が、大きなポイントになるでしょう。耐久性はこのように、細かいポイントで大きく変わってきますので、建築の段階で色々と考えておくことが大切です。

耐久性に優れた家づくりをするポイント

地震耐久性に優れた家づくりをするには、普段の生活環境も重要なポイントです。どんなに耐久性に優れている家でも、住む人次第では、家の寿命が半分になってしまう可能性がありますので、十分注意をしましょう。

例えば、湿気は家にとって大きな天敵です。梅雨時などは特に、家が湿気をする事で、耐久性ががくんと落ちてしまう傾向がありますので、出来るだけ余分な湿気を取り除けるように、日頃から、湿度を除去する工夫をしておきましょう。また、家は時間と共に劣化していきますので、メンテナンスが必要不可欠です。壁材などが傷んでいる場合は補強をしたりするだけでも、湿気対策に繋がり、引いては耐久性に繋がります。細かい部分の積み重ねが、耐久性をアップする事に繋がるでしょう。

耐久性ばかりに気をとられてはダメ?

耐久性ばかりに気をとられていると、大切なことを見失う可能性があります。家を建てる段階で耐久性ばかり重視した結果、必要以上に予算を使ってしまったり、住みにくい家が出来上がってしまうというケースも少なく無いのです。耐久性は非常に重要なポイントですが、その結果、日常生活に支障が出ることが無いように、根本的な部分も忘れずに、家作りを行いましょう。

日頃の生活の中でも、ちょっとした工夫次第で、耐久性をアップさせることは可能です。また、耐久性をアップさせる為に、各種リフォームを行う会社もありますので、検討して見ると良いでしょう。